エレキギターという魔法。

 

長期入院していたメインギターが、帰って来た。フレットを打ち直してもらい、ネックも調整してもらって、まるで生まれ変わったかのように素晴らしいバランスとトーンになった。

 

僕が10年来、メインとしているエレキギターは、サイケデリズムのSolid Thinlineというギターで、fホールと呼ばれる穴が空いているが、実は空洞が無いデザイン。

初めて出会った時、目が釘付けになって、金縛りにあったような感覚になったことをよく覚えている。

(ちなみに、ハタチそこそこの頃、ヴィンテージのGretsch Country Gentlemanを買った時も、弾いた瞬間に体に電流が流れた)

 

後々までずっと使い続けるものは、出会いの瞬間が違う。僕はその感覚を忘れずにいたいと思っている。(ペットの犬や猫を飼っている人は、似たような感覚がわかるかもしれない)

 

サイケデリズムのギターに話を戻すと、恵比寿にあるこのお店は、二人だけでやっているギターショップで、もともとはリペアがメインだったのだが、オリジナルギターを作ってみたら、プロの現場での評判がすこぶる良く、いつの間にか広まって、たくさんの種類を作るようになった。(たくさんと言っても、工場で量産されているわけでは無いので、そんなにたくさんの数ではない)

ヴィンテージのサウンドを敬いながら、現代の音楽シーンにマッチした立ち上がりの速さを兼ね備えたギターと言えばいいだろうか。

 

僕は10年の間、このギターを育て、このギターに育てられて来た。

そしてスタッフのお二人も、

「10年前よりも僕らも成長したのかもしれないです」

と話してくれた。そう、成長したのはギターと僕だけではないのだ。

使い続けないとわからないこともある。

 

仕事としてこのギターを使う身としては、とにかく、いつでもメンテナンスが安心して受けられるというのは、ありがたい。

こんなに親身に手入れをしてくれるお店は他にはないだろう。

感謝の気持ちを、ライブに、レコーディングに込めたいと思っている。

 

指先から、耳から、目から、身体中から。

エレキギターという魔法は、今日も解けることなく僕のそばにある。

 

続きを読む